トップ

デイサービスの開業方法

デイサービスの実態とは

デイサービスとデイケアの違いは?

介護保険制度が一般化するにつれて、デイサービスという言葉もだいぶ世間一般に浸透してきました。デイサービスとは、「通所介護事業所」とも呼ばれる、利用者が自宅から通って過ごすことができる介護施設のことを言います。

デイサービスと似た言葉で「デイケア」というサービスもあります。どちらも自宅から通うタイプの施設ですが、この二つは、実は似て非なる施設です。

「デイケア」は「通所リハビリテーション」とも呼ばれており、主に理学療法士や作業療法士といった専門職が中心となって、身体の機能を回復、または維持することが目的となっている介護施設のことです。一般的に食事や入浴等の設備に関しては簡素なところが多くなっています。

一方で、デイサービスは身体機能にはあまり問題のない、いわゆる「比較的元気な」高齢者が通う介護施設です。そのため、デイサービスでは主に食事や入浴といった部分に重きが置かれており、デイケアのような機能訓練等は重視されていません。

また、食事や入浴以外では参加者同士でレクリエーションを楽しんだり、季節ごとにイベントや催し物が開かれたりしています。参加者同士や施設職員との交流を通した友達づくりや仲間づくりもデイサービスの目的の一つです。

デイサービスでは、このように他者と交流する機会を作ることで、高齢者の地域社会からの孤立感を和らげ、穏やかに楽しく生活していけるようにすることを目的としています。

さらに、デイサービスに行っている間に施設職員が食事介助や入浴介助を行うため、自宅で介護を行っている家族の介護疲れを緩和したり、空いた時間を家事、育児、休息等に割くことが出来るようになります。

また、デイサービスには大きく分けて、大型施設と小型施設の二種類があります。開業を考える際には、ほとんどの場合が小型施設からのスタートとなると考えておけばよいでしょう。

Copyright © デイサービスの実態とは. All rights reserved.